バイロンベイの灯台ケープ・バイロン・ライトハウスは街のシンボル!アクセス方法は何がベスト?

バイロンベイへ行ったらぜひ訪れて欲しいのが、灯台ケープ・バイロン・ライトハウスです!ただの灯台でしょー?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、このケープ・バイロン灯台は真っ白でとても綺麗!そして、灯台が建つ岬からの眺めが最高に美しいのです!バイロンベイに来たら外せない観光スポットですよ♪

スポンサーリンク

ケープ・バイロン・ライトハウスはバイロンベイの街のシンボル

ケープ・バイロン灯台はオーストラリア最東端に位置し、なんと1901年から今日までの長い間、100年以上もずっとこの岬から海を照らし続けてきたとっても歴史ある灯台なんです。とは言え、ただの灯台でしょ?と思う方もいるかもしれませんが、真っ白な灯台と空のブルーが重なるととってもきれいなんです!さらに、灯台のある岬からの海の眺めもこれまた最高に美しいのです。その為、毎日沢山の観光客の方がこの灯台にやって来るほど、ケープ・バイロン・ライトハウスはバイロンベイへ来たら外せない人気観光スポットとなっています。

バイロンベイのケープ・バイロン・ライトハウスから最高の景色を眺める

私も事前の下調べで、バイロンベイに行ったら絶対ケープ・バイロン灯台に行く!と決めていました。そして、バイロンベイへ訪れた日にまず初めに向かったのがこのケープ・バイロン灯台☆岬に着くと少し離れた所に真っ白い灯台がただずんでいるのが見えます。

緩やかなカーブの道を200m程歩くと灯台にたどり着きます。

じゃーん!!
真っ白なレンガ調風の可愛い灯台が目の前に♡
しかもこの日は雲ひとつない晴天で、真っ白な灯台と空の青がとっても綺麗。来てよかったー!!と心の中で叫びました。(笑)
ちなみに、こちらはまだ灯台の裏側。
そしてこの灯台の裏側から眺める海の色がすっごく綺麗だったんです♡

言葉ではうまく言い表せませんが、波打ち際がちょっとミルキーな感じのアクアブルーで、そこからの海、空とのコントラストがまた綺麗で。この不思議な位綺麗なブルーにしばらく心奪われました。

そして、灯台の表側に回ってみると…

あー、もう最高。空のブルーのグラデーションと灯台の白が太陽に照らされて眩しいほど。圧巻。
灯台の中は資料館になっていて、中にも入れます♪

中から覗いた岬の風景。

どこを切り取っても絵になる場所。左端にあるペットボトルはご愛嬌(笑)

灯台の表側から見た海の景色。ただひたすらに美しかったです。

灯台の裏側あたりから下に道が続いていて、ここからも灯台や海の景色を眺めることができます。
灯台の周りにはたくさんの人でいっぱいですね。

こうして、約40分ほどケープ・バイロン灯台と海からの眺めをたっぷり堪能したのでした♪

バイロンベイのケープ・バイロン・ライトハウスへの行き方は何がベスト?

ケープ・バイロン灯台まではタクシーで行くのが断然おすすめです!
他のサイトなどで自転車を借りて、という人を見かけましたがやめておいた方がいいです。というか、たぶん無理!(笑)
灯台に行くまでは山道を登って行くのですが、道は一本道でしかも人気スポットのため次から次に車が通ります。しかも途中、かなり道幅の狭い道を走ります。ここで対向車が来たらどうするんだろう?と思ったほど。自転車ではかなり危険ですし、タクシー使いましょう♪ちなみに、歩いても行けるみたいですが、1時間はかかるらしいので時間に余裕のある方以外はやめておきましょう。

タクシーですが乗車時間はだいたい10分ほど。料金も片道$20くらいと教えてもらっていたのですが、実際乗ったら$15もかかりませんでした。確か、片道$12ほど。これなら一人でも往復$30かからないで行けちゃいます♪
で、ここで帰りの足はどうするの?と思った方もいると思いますが、送ってもらって30分以上待ってもらうこともできないので、行きで乗ったタクシーにお迎えの予約をしましょう!ここが、ポイントです☆
ゆっくり観光するなら最低30分は見ておきたいので1時間以内で来てほしい時間を告げて、「○○分後(もしくは○時)にここにおお迎えに来てくれる?」と伝えればOK☆私は40分後にお迎えをお願いして、きちんと時間通りにお迎えに来てくれました♪

また、基本的にはチップの習慣が無い(最近では都心などで割と当たり前になってきたところもあるよう)ですが、私はキリの良い額を払ってチップとしてお釣りをあげました。オージーは噂通りみんな優しくて、タクシーの運転手の方もとっても優しくて親切にしてくださったので、そのお礼も込めてチップを払いました。こういう時、感謝の気持ちとしてチップで表現できる文化っていいなぁと思いつつバイロンベイの旅を楽しむのでした♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください